忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/15 05:40 】 |

月光花
悲しげに咲く花に 君の面影を見た
大好きな雨なのに 何故か今日は冷たくて

淡く儚(はかな)く 夜に揺られて 溜め息一つ 堕(お)ちた花びら

月の欠片(かけら)を集めて 夢を飾り 眠る
時の砂散りばめても あの頃へ 還れない

ふと見上げた星空 また君をさがしてた
いくつ夜を越えれば 涙は“強さ”になる?

季節は巡り 森は染められ 風は奏でて 想い溢れて

逢いたくて 愛おしくて 触れたくて 苦しくて
届かない 伝わらない 叶わない 遠すぎて
今はもう 君はいないよ

散り逝くと知る 花はそれでも 強く生きてる 色鮮やかに

月の欠片を集めて 夢を飾り 眠る
時の砂散りばめても あの頃へ 還れない
逢いたくて 愛おしくて 触れたくて 苦しくて
届かない 伝わらない 叶わない 遠すぎて
今はもう 君はいないよ



俺が大好きで、君に対する今の自分の気持ちに合った詩です。
PR
【2007/06/11 17:58 】 | シロガネのリアルな話 | comment(2) | trackback(0)

<<時間の進め方 | HOME |君と俺>>

COMMENT:
無題
ちょいとお邪魔しますよ。どんな言葉をならべても、人の命を甘くみるような人間に、誰かを幸せに出来るとおもいますか?人間とは自分がされたことは、凄く大きく深く覚えているもの。が、その反対にしたことは自分の中で、あまり大きく考えない。相手にされたことより、自分が相手にしたことを今一度思い返してみてはいかがでしょうか? 突然の書き込み失礼しました。
【2007/06/13 06:19】| | 正広 #92cd2b45a0 [ 編集 ]
初めまして~♪
こんな辺境の地へお越しいただきありがとうございます。
せっかくコメントまで書いていただいたのですが、俺にはまったく身に覚えのない事ですねぇ。
この2年弱、人の命を守り、繋いだ記憶はあっても甘く見た覚えはないですねぇ。
誰に何を聞いて、何を知って書き込んだのかはわかりませんが、せっかく御高説を拝聴しますたので、俺からも一つ。
第三者が意見する場合、「一方の意見しか聞いていない場合」「一方に思い入れがある場合」は冷静な意見ができませんよ。
もちろん俺は聖人でも偽善者でもないので、人を傷つけた事は多々あります。
もちろん、傷つけられた事も。
そんなの思い返す必要もない。
まー、ぶっちゃけ言わせてもらえば俺のことを知らない人に、人の命を甘く見るだのなんだの言われる筋合いはないし、そんな偏った情報だけで意見しよーなんざ愚の骨頂ってやつだね。
君が誰だか知らないけど、正直君に感謝される覚えはあっても意見される覚えはないねー
あ、逆恨みされる覚えはなくもないな。
ま、気持ちはわからんでもないけどね。
【2007/06/13 11:12】| | シロガネ #986d593462 [ 編集 ]
COMMENT EDIT :















TRACKBACK:
トラックバックURL


<<時間の進め方 | HOME |君と俺>>

忍者ブログ [PR]